八ヶ岳えんがわ通信

八ヶ岳えんがわ通信

八ヶ岳麓の「えんがわ」に26歳年上の夫とビールをお伴に引きこもって19年…女房の私は49歳、夫は75歳になりました。さらなる「えんがわ」の充実を目指し奮闘する日々です。

自動車保険料を見直したら19,000円の減額に成功!

車の任意保険更新のため「えんがわ」に保険会社さんがいらっしゃった。

夫はもうかれこれ40年以上、今の保険会社さんの父上の代からのお付き合い。夫より3歳ほど上のお父上の近況をお聞きすると「畑をやったりしてます」と、お元気そうで何より。

1年に1度、更新の時だけ交わされる保険会社さんとの「えんがわ」でのやりとり、変わらぬ日常の有難さを感じる瞬間だ。

ところで車の保険が、その車の使用目的によって金額が変わるのを御存知でしたか?

私の愛車は「通勤・通学使用」だったのですが今年の2月に退職した旨を伝えると、

「じゃぁ、「日常・レジャー使用」でいいですね」と。

「何か変わるんですか?」

「若干お安くなります」

「そうなの?じゃぁもっと早く連絡すれば良かったの?😱」

「そうですね😓」

失敗したぁ😖💦💦💦💦💦

こちらのサイトによれば👇

自動車保険の使用目的がレジャーと通勤では保険料はどの位差額があるの?|車買取・車査定のグー運営

車の使用目的別に「業務使用」→「通勤・通学使用」→「日常・レジャー使用」の順に安くなるそうで、保険会社や各種条件によって差があるものの、「通勤・通学使用」と「日常・レジャー使用」とでは年間で2,500円~4,000円違うと。

知らなかったぁ😣

ついでだったので保険会社さんに、疑問に思っていたことを聞いてみた。

「高齢者の場合、保険料が高くなると聞いたことがあるけど、我が家のように歳の差夫婦(夫74歳、妻49歳)で条件を「本人・配偶者限定」にしている場合はどちらの年齢で設定されるの?」

「年齢は「記名被保険者」の年齢で設定するので、乗用車2台は奥様(私)軽トラックはご主人(夫)の年齢での設定になっています。」

なるほど、主に使う方の年齢になっているのだな。

でも調べてみればみるほど車の保険料は色んな要素が絡み合って算定されているらしい。

70代以上の自動車保険の相場 | 保険会社が語らない保険のリアル

我が家の場合は最も割引率の高い20等級に達しているし、ゴールド免許、運転者も限定している。

でも「えんがわ」で保険会社さんが言っていたけれど保険料は社会情勢などにも左右されるのだそう。

結局、安全運転でゴールド免許を保持し続け、事故を起こさず保険を使わない事が一番の節約なのかもしれないな。

というよりも、事故の当事者には絶対になりたくないし。

さらに今回、保険会社さんから「車を複数台所有しているので、代車特約は必要ですか?これを外すと安くすることが出来ます」と言われ、確かに代車は必要ないかも…と外して頂いた。

ということで私の愛車を「日常・レジャー使用」に変更、さらに代車サービスを外した結果、年間19,000円超の減額👏👏👏

けれどこれで終わりではなかった。

ドライブレコーダー」のレンタルをお勧めされ…毎年断ってきたのに今回は何故か夫が乗り気で…私はどちらでも良かったのだが。

でも保険会社さんが自分の車に付けたレコーダーを見せて下さった途端、カメラのあまりの存在感に私は拒否反応。格好悪いじゃん、見た目が!

でも夫は「これくらいの物は付けなきゃ」と言い張る。

どうやら、事故の時に衝撃が保険会社に伝わり自動で連絡が来てその場で話が出来るという事に惹かれているらしい。携帯電話やパソコンへのアレルギーが年々酷くなっているし耳も遠くなった、自分から連絡するとかそういう事に関して気持ちが心細くなってきているらしいことは身近にいても感じるし。仕方ない。

という訳で月額800円でレンタルすることになってしまった…まぁそれでも去年よりは保険料は安くなった。良しとしよう😉

本日も最後まで読んで下さりありがとうございました。

参加しています。よろしくお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村